エピソード7

《子どもの可愛いと思った園での出来事》
・昨年度2歳児の女の子がいました。私の園では、保育士の事を〇〇ちゃんと呼びます。その女の子は、私が園へ行くと「〇〇ちゃーん!」とぎゅーとしてきてくれます。どこに行くのも後ろを付いてきて、時々、トイレに行き座りながら話をしていると「△△(子どもの名前)ねーー、○○ちゃんだーいすき♡」と熱烈な愛の告白をしてくれました。
その女の子が、風邪で保育園でもお薬を飲む事になり給食後、薬をすんなり飲みました。次の日、連絡ノートには「お家ではなかなか飲みたがらなかった薬を夜は、○○ちゃんと飲んだ薬飲む~♪とノリノリで飲みました(笑)ありがとうございます!」と書いてあって、とっても嬉しかったし、想像すると可愛かったです。
また、その子が帰るタイミングと私が帰るタイミングが一緒だった時「今日○○ちゃんのお家行くねー」と言ってくれました。
甘えてきてくれたり、構って~とくるとやっぱり可愛いです!

・1歳児の女の子で、まだ言葉らしい言葉はない子ですが私が自分の顔を指さして「これ、だーれ?」と聞くと「ばっばっ!」と呼んでいるかは分かりませんが、とっても可愛いです!また、子ども達が遊んでいる部屋に入って行くと、「ばっばっー!」と呼んで私の膝に座りにきます。やっぱり、呼んできてくれると嬉しいし、「もぅ~、可愛いな~」となってしまいます。

・どの子もそうですが、名前を呼んでくれたり、泣きながら抱っこして~と手を広げて近づいて来ると可愛くてたまらないです!連絡ノートやお母さんからのお話などでお家でも自分の名前が子どもたちから出てくると聞くと保育士になって良かったなと嬉しく感じ、やっぱり子ども達は可愛いな~と思います。